Blog

ブログ

ミルタ・アルバレス

Mirta Alvarez 初来日ツアーが決定。

巨匠アニバル・アリアス直系の本格派女流ギタリスト ミルタ・アルバレス
アルゼンチンより初来日、6都市公演が決定!!

順次情報公開します。 どうぞお楽しみに!!

ミルタ・アルバレス 初来日6都市公演チケット発売開始

東京公演

2月24日(月) 東京 トーキョーコンサーツ・ラボ
13:30開場 / 14:00開演
前売 3,000円 / 前売学生 2,000円 / 当日 各500円プラス
出演:ミルタ・アルバレス 共演:清水悠、福井浩気、森井英朗 他
会場:トーキョーコンサーツ・ラボ 東京都新宿区西早稲田2-3-18

お問い合わせ・ご予約
メール:oreganokikaku@gmail.com(オレガノキカク)
※公演名・お名前・人数・連絡先をご明記の上お申し込みください。

茨城公演

2月29日(土) 茨城 東京労音 ギター文化館
13:30開場 / 14:00開演
前売3,500円 / 前売学生1,000円 / 当日 各500円プラス
出演:ミルタ・アルバレス
共演:清水悠、山田あずさ
会場:東京労音ギター文化館 茨城県石岡市柴間431-35

お問い合わせ先:
電話:0299-46-2457(ギター文化館)
メール:mail@guitar-bunkakan.com 

ご予約:
電話:0299-46-2628(受付 10時ー17時 / 月・火休館)
ご予約フォーム:http://guitar-bunkakan.com/wp/concert/reservation/ 
※未就学児の入場はご遠慮ください
WebURL :http://guitar-bunkakan.com/wp/

埼玉公演

3月1日(日) 埼玉 狭山コミュニティホール
13:00開場 / 13:30開演
前売 3,500円 / 前売学生2,000円 / 当日 各500円プラス
出演:ミルタ・アルバレス 共演:清水悠、山田あずさ、森井英朗
会場:狭山コミュニティホール市民交流センター 狭山市入間川1丁目3番1号

お問い合わせ・ご予約
電話:090-9366-7859(担当:清水)
メール:info@musica-azul.com
ご予約:https://musica-azul.com/contact/
WebURL:https://musica-azul.com

福岡公演

3月6日(金) 福岡 ティエンポホール
19:00開場 / 19:30開演
前売 3,500円 / 当日 4,000円 / 学生 2,000円
出演:ミルタ・アルバレス 共演:福井浩気
会場:福岡ティエンポホール 福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 3F

お問い合わせ先:
電話:092-762-4100(ラテン文化センターティエンポ)
メール:eventos@tiempo.jp(担当 近藤 / 稲津)

ご予約:
ご来館の上、会場にてチケット購入、または問い合わせフォームにて
https://tiempo.jp/tiempohall/#contact
WebURL:https://tiempo.jp/tiempohall
※入場時別途500円のドリンクチケット要購入となります。

横浜公演 [神奈川追加公演]

3月8日(日) 横浜ノアスコンサートサロン
16:30開場 / 17:00開演
前売 3,000円 / 当日 3,500円
出演:ミルタ・アルバレス
共演:福井浩気 / 楽曲解説・通訳:西村秀人
会場:神奈川県横浜市西区南幸2-18-7 横浜ノアスビル3階

お問い合わせ先:Fukui Guitar School
電話:070-4429-5004
メール:hirokifki@gmail.com
※お名前・人数・連絡先をご明記の上お申し込みください。

大阪公演

3月14日(土) 大阪 池田市民文化会館小ホール
13:30開場 / 14:00開演
前売3,000円 / 前売学生1,500円 / 当日 各500円プラス
出演:ミルタ・アルバレス 共演:タンゴ・グレリオ、福井浩気
会場:池田市民文化会館小ホール 大阪府池田市天神1丁目7−1

お問い合わせ・ご予約:
電話:072-743-6207(米阪ギター教室)
メール:g_yone2007@yahoo.co.jp
WebURL:http://tangogrelio.com/

愛知公演

3月28日(土) 愛知 宗次ホール
17:30開場 / 18:00開演
指定席 一般:3,500円 ※学生:2,100円
※チャリティーシート(AB列中央23席・指定席/差額は寄付): 3,850円 ※ハーフ60(後半当日):2,100円
出演:ミルタ・アルバレス 共演:レオナルド・ブラーボ
会場:宗次ホール 名古屋市中区栄4丁目5番14号

発売日 11月10日(日) 下記宗次ホールチケットセンター(TC)及び「チケットぴあ」にて販売
(宗次ホールTCでは発売開始直後、電話受付のみ。 ※印のチケットは宗次ホールTCにて取り扱い。)
お問い合わせ 宗次ホールチケットセンター ☎052-265-1718(営業時間10:00~16:00 または18:00)
WebURL:http://www.munetsuguhall.com

 

プロフィール

ミルタ・アルバレス from アルゼンチン
タンゴギタリスト

タンゴ発祥の地、ブエノスアイレスで最も注目されるタンゴギタリストの一人であるミルタ・アルバレス。 ギターとの出会いは、彼女が8歳の時であった。 ブエノスアイレス州で生まれたミルタは、アベジャネーダのポピュラー音楽学校にてアルゼンチンの伝説的タンゴギタリスト、アニバ ル・アリアスとファルクローレ奏者のケロ・パラシオスの2人のマエストロに学んだ。 タンゴとフォルクローレ、2つのスタイルのギターをマスターした彼女は現在、タンゴギター、タンゴ史、タンゴ鑑賞法を教える講師 として同校で教鞭をとっている。

彼女のギター編曲は有名なタンゴオーケストラの名曲をソロギターで再現するもので、 音楽と詩の対話を重要視している。また、タン ゴの解釈を深めるためにタンゴダンスも学んでおり、ダンスの即興性は彼女のギター表現をより輝かせている。

レパートリーはフリオ・デ・カロからアストル・ピアソラまで様々な曲を網羅し、それらのスタイルは自身の作曲にも反映されている。 彼女はタンゴの解釈を深めるためにタンゴダンスも練習に取り入れ、ダンサーが持つ即興性を賞賛している。

南米やヨーロッパの著名なフェスティバルに招待され、国際的に活躍している。

「国際タンゴ・ブエノスアイレス・フェスティバル」(アルゼンチン、2015、2017、2018)
「ギター・デル・ムンド」(アルゼンチン、2007、2008、2011、 2015年、2017年)
「国際ギターフェスティバル」(メキシコ、2008年)
「1RSギターフェスティバル・ポルトアレグレ」(ブラジル2016年)
「フェスティバル・エントレ・クアルダス」(チリ、2010年)
「ペルー・ギター・フェスト」(ペルー、2011、2016)
「グラナダ・タンゴ・フェスティバル」(スペイン2009、2015)
「第6回タンゴ・デ・アルメリア」(2009)
「第2回ロドリーゴ・ギター・フェスティバル」(セビージャ、2009)
「アンドレ・セゴビア・ファンデーション」(リナレス、2009)
「セマナ・ギター・デ・ペトレル」(アリカンテ、2009、2010、2015)
「第12回ジローナ・ギターフェスティバル」(2010)
「テンペレ・ギターフェスティバル」( フィンランド、2011年、2016年)
「タリン・ギターフェスティバル」(エストニア、2011年、2016年)
「パッサウ、ジャズフェスティバル」(ドイツ、2009年)
「アウグスティナー・ミューゼウム・ラッテンベルク」(オーストリア、2009年)
「モンペリエ・ギターフェスティバル」(フランス、 2018)
などに出演している。

独奏だけでなく、アンサンブル奏者としても注目されており、ロドルフォ・メデロスのタンゴ・グループや、ケロ・パラシオスのフォ ルクローレ・バンドに参加している。 またマユミ・ウルギノ(バイオリン)、ジェシカ・クーン(チェロ)、ファブリツィオ・ピエロニ(ピアノ)、ロドルフォ・コロンボ (ギター)らとのアンサンブルでも積極的に活動している。 歌手との共演も多く、スサナ・リナルディと<デュオ・サルテニョ>、やネスター・ファビアン、カルデナル・ドミンゲスらと頻繁に コラボレーションを行っている。他アーティストのアルバム参加としては、ハビエル・サンチェスの「ガウチョ・モデルノ」や トゥク マン・クアトロの「ヴェルソス・デ・アモール」、アレハンドロ・カプトの「ディヴィニトゥス21タンゴ」、そして最近ではスサナ・ リナルディ「コンミゴ」(2015年)などが挙げられる。

彼女名義のアルバムとしては、タンゴとフォルクローレのレパートリーを披露したデビュー作の「ミルタ・アルバレス・ギターラ」 (2006年)を皮切りに、2ndアルバム「タンゴ~6つの愛の道」(2011年)ではタンゴのレパートリーのみの作品を発表し、2016年 にはファビアン・カルボネとのデュオでアルバム「センティド」でアニバル・トロイロとロベルト・グレラへのオマージュを行ってい る。また編曲者としては、2018年にソロギターのタンゴアレンジ編曲を収録した「タンゴ・パラ・ギターラ」(MELOS、ブエノスア イレス(アルゼンチン))を出版している。

ミルタ・アルバレスは美しい女流タンゴギタリストとしてだけでなく、タンゴの本場ブエノスアイレスでタンゴとフォルクローレの最 も正統的で華麗な表現者の一人と評価されている。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。